ハウスクリーニング&リフォーム施工物件の紹介


ガーデニング ― 南側メインのお庭 ―

22 FEB 2007.船橋市


画像の説明

ハウスクリーニングでお世話になりました、Mさん宅。こちらの庭付マンションに引っ越されて3~4年が経ちました。取りあえず、DIYで家族で楽しみながらガーデニングを行って来ましたが、ちゃんとした物を造りたいとの事で、今回相談を受けました。

【Before】


画像の説明

周囲空地がアルファベットの の字型になっております。南側のお庭は、奥行きが役3m,東が2m、北にもバックヤードが2mほどあります。

Mさんが気になる所は、境界沿いのネットフェンスと生垣。透けているので、外からの視線、プライバシーです。その他は、目に入ってくる工作物。塩ビシート貼りのテラス、アルミ、コンクリートと無機質な感じの工業製品です。機能を損ねず質感を持たせたい。植栽との彩りが綺麗な、雰囲気有るお庭に。テラスでお茶を飲みながら、くつろげる、癒しの空間デザインのリクエストでした。








画像の説明
こちらが提案のランドスケープ・プラン図面です。
視線のレベルに合わせに、木製のフェンスを設置。独立基礎に支柱を立て風圧対策も万全です。既存物のフェンスなどに負荷を掛けず、マンションの規約もクリア。木材は全てCCA加工の防虫防腐材で、さらに外部用オイルステイン塗布にて耐久性UPを施しております。床のデッキは取り外しが可能で、お掃除などメンテナンスを考慮した設計です。
植栽は、左からハナミズキ・キンポウジュ・パーパスグラス・ミツバツツジ・ソヨゴ・ブルーベリー・シャラ・ヤブランなど常緑・落葉をバランス良く配置しました。
そして、このプランが全面的に採用され、一ヵ月後に完成を迎えます。







画像の説明


画像の説明

【After】
木製フェンスの目透かし貼りで、プライバシーが確保出来ました。センサー付きのライティング効果は、雰囲気を醸し出します。ウッドデッキとテラコッタタイル、天然石と漆喰壁は植栽との彩を演出します。


画像の説明

以前のテラスは奥行が中途半端で、テーブルを置くと窮屈でした。しかし今回、奥までウッドデッキにした事で、余裕があり使い勝手が良くなりました。そしてリビングを延長した様な空間はデザイナーの狙いです。ガラス越しの、フォーカルポイントは、バードバス。季節には、鳥たちが水を求めてやって来ます。



画像の説明




画像の説明

愛犬フレッシュ君。ガーデン内のプチ散歩からお戻りです。とてもご満悦の様子でした。




ガーデニング ― 東側地盤改良及び芝貼り ―

船橋市

画像の説明

東側の空地です。
水はけが悪く、雨の日が続くと、水溜りになってしまいます。マンション工事の際、埋め戻しした土質が良くありません。表面が粘土質である事と、地中に浸透した雨水の逃げ場がありません。以前張った芝も、根腐れで枯れてしまいました。
今回、この地盤の水はけを改善し、再度芝を張る事にしました。


画像の説明

先ずは、粘土質の表面を撤去です。
そして、暗渠排水管埋設ため、掘削を行います。


画像の説明

暗渠配水管の埋設です。
端末は雨水集水桝へ接続され、地中に浸透してきた水を集め、下水に流します。
暗渠管周囲を、籾殻で包み、目詰まりを防ぎます。


画像の説明

配管の埋設作業を終え、表面の土を、水はけの良い山砂を客土しました。
後々、地盤が凹ないよう、つき固めます。


画像の説明

芝張り作業です。
使用した芝は、高麗芝です。


画像の説明

芝張り完成です。
最後に、根付きや発芽促進のため、目土で覆い、
1~2ヵ月後の成長を待ちます。






ガーデニング ― 北側目隠しフェンス ―

船橋市

画像の説明

【 Before 】
北側寝室のテラスドアからの眺めです。
フェンス越しよりの視線が気になる事と、せっかくのスペースを雰囲気良くしたい、との事でした。





【 After 】
フェンス手前に漆喰風の壁を造りました。
5センチ厚の発砲スチロールに、漆喰調のスタッコを小手塗りしました。


画像の説明




目隠しウッドフェンス

画像の説明

18 OCT 2010
千葉市中央区・一戸建て住宅・K邸

作業種別:エクステリア工事
作業内容:目隠しウッドフェンス設置
作業日数:3日間


隣地との境界3方に、プライバシー確保のため、目隠しウッドフェンス設置しました。部材は全て防腐処理済みの木材で、さらに外部用のオイルステインを塗布。フェンスの高さは2m。強風に備え足元はコンクリートでしっかり固定。質感のあるフェンスが完成しました。


画像の説明

画像の説明

before:南東の方向


画像の説明

after:南東の方向


画像の説明

柱の足元は束石を使用し、その周りをコンクリートで固めます。柱のピッチは2m。


画像の説明

束石の基礎が完了したら、柱を設置します。


画像の説明

完成です。


画像の説明