入居前の清掃について

入居前のハウスクリーニング

中古物件(マンション・一戸建て)の売買では、現状有姿での引き渡しが一般的のようです。したがってハウスクリーニングは買主さんが行う事になります。場合によっては売主さん・販売業者側がに行うケースもありますが、あくまでも好意や販売促進のためで入居を前提とした、きちんとしたハウスクリーニングが行われていないケースが多々有ります。引き渡し後には必ずC’Kをしておきましょう。


買主さんには、お引っ越し前に、プロが行うハウスクリーニングをお勧めします。これまで蓄積した頑固な汚れ、普段手の届かない所など隅々までクリーンにいたします。フローリングWAXや各種収納など家具や物が何もない状況は、完璧の作業の絶好の機会です。




Q&A 入居前の清掃について

A
必要です。
売り主自身が行う清掃。いわゆるエチケットそうじで完全ではありません。蓄積した汚れや、やっかいな染み付き汚れの除去は期待出来ません。しっかり汚れを落とし、キレイに仕上げる、プロのハウスクリーニングをお勧めします。

A
引っ越し業者が、ついでに行う清掃や、清掃の範囲を限定した格安ハウスクリーニングにこのようなケースが見られます。これから先長く住まわれるならば、最初に隅々まできっちりと清掃をされた方は良いと思われます。

A
ハウスクリーニングは業者によって作業内容が異なります。水垢汚れの除去は、やっかいですが、処理は可能です。このような、形跡がある場合、換気扇のドラムや浴槽の下が清掃されていないケースがあります。全体の再クリーニング若しくは気になる箇所のみ再クリーニングをお勧めします。

A
閉め切り状態が数週間以上続いた物件は、カビやダニの温床になりやすいので注意が必用です。換気不足によるシックハウス症候群も心配です。ご自身で清掃する場合は、拭き掃除→掃除機掛け→再び拭き掃除の順に行って下さい。ハウスダストは微粒子で、一般の掃除機では排気から出てきます。室内の空気を清浄しながら行う、アースホームサービスのハウスクリーニングをお勧めします。

A
ペットは毛に吸引性アレルゲンがあり、体毛には多くのダニが潜んでいます。アレルギー対策のハウスクリーニングをお勧めします。ミクロのアレルゲンをキャッチする吸塵作業と除菌洗浄を念入りに行います。フローリングにしみ込んだペット臭を消臭いたします。

A
室内から吸引性アレルゲンを除去する清掃が大切です。ポイントの高い順に、畳、浴室、浴槽下、洗面所、北側の部屋の窓及び壁、物入れ・・です。上記同様にアレルギー対策のハウスクリーニングをお勧めします。畳の清掃は限界がありますので、表替えや熱処理は有効な手段です。アースホームサービスではこれらの作業をハウスクリーニングと同時平行。工期短縮いたします。

A
可能でございす。
クロス・クッションフロア・畳・襖など内装工事全般のリフォームが清掃作業と同時に、クイックに行えます。併設の設計事務所と連携した、デザイン性豊かな、空間造りが好評です。「リフォーム」ページをご参照。


入居前清掃の関連ページ






退去後の清掃について

退去後のハウスクリーニング

現状復帰清掃からコスト軽減のエチケット清掃まで目的別にコースがあります。補修や復元作業の同時対応が可能です。売却物件・賃貸物件の整備に、又は家主様(オーナー)物件の維持管理にご利用下さい。


  • 賃貸物件
    • 現状復帰(回復)清掃
      ハウスクリーニング(原状回復のガイドラインに基ずく清掃)を行い、室内を借りた時の状態の様に戻して返却する。
    • エチケット清掃
      上記よりも簡易な内容で、エチケットとして行う清掃。
  • 自己所有物件で売却及び賃貸に移行する。
    • 販売促進の清掃
      売り出しを掛けるので、少しでも印象を良くするための清掃
    • 賃貸物件用の清掃
      賃貸として貸し出す際に行う清掃。解約の返却条件の基準となる状態。
    • エチケット清掃
      既に買主さんが決まっており、引渡しの際の最低ラインの清掃




Q&A 退去後の清掃について

A
お請けいたします。先ずはお見積り申し上げます。「見積フォーム」又はお電話にて内容をお聞かせ下さい。

賃貸物件においては、一点だけご確認が必要です。

明け渡しに伴うハウスクリーニング費用は、賃貸借契約に賃主、借主、どちらが負担するか明記されております。賃借人負担の場合ご自身で業者を手配する事が可能ですので、ご依頼は問題ありません。

しかし契約書に特約があり、貸主が借主負担で業者を手配する場合もありますので、ご依頼の際は貸主さんに確認をとって下さい。

A
壁紙についたタバコのヤニはハウスクリーニングのオプションにて対応します。状況によって、落ちる、落ちない、半分くらい落ちる、と様々です。落ちない場合、気になるのは現状回復の問題です。国土交通省のガイドラインによると、どの程度の汚れかで、張替えの費用が発生する事があります。事前に借主と相談されると良いでしょう。

A
見積をとって価格を比較しましょう。
アースホームサービスのリフォームをご参照下さい。
賃貸契約の特約事項に襖・障子・畳の張替が記載されいる場合があります。原状回復のガイドラインにかかわらず、行う必要があります。清掃と同様に、貸主に依頼するか、ご自分で手配するか、選択は可能です。双方から見積を取り寄せて、検討されてはいかがでしょうか。

A
借りていた物件の返却で、特に現状復帰のような清掃義務はありません。しかし、汚したままでは、気が引けてるので・・と言う場合には、エチケット的な簡易ハウスクリーニングをお勧めします。清掃範囲やグレードによってお値段が異なります。Eメール・お電話にてお問い合わせ下さい。

A
物件の印象は購入者にとって重要なポイントです。ハウスクリーニングは勿論の事、床や什器の状態や色艶も同様です。クロスを貼りかえれば、更に好印象は深まります。引き合いが多いのに契約に至らないケースは、ある程度のリニュアルをお勧めします。良い結果を生む事が多いです。アースホームサービスの「リフォーム」ページをご参照下さい。


退去後清掃の関連ページ










東京 千葉のハウスクリーニング&リフォーム

営業エリア

東京 千葉のハウスクリーニング&リフォーム





a:7499 t:1 y:2